日本人のコレステロール値はアメリカ人よりも高いの?

最近では日本人のコレステロールの値が、アメリカ人のコレステロールの値を上回っているという研究結果も発表されています。1980年代から日本人のコレステロールの摂取量は増えていて、現在ではアメリカ人の摂取量を超えているようです。

 

特に日本においては、30歳以下の若年層でコレステロールの摂取量が増えていることが大きな特徴となっています。この状態が今後も続くのであれば、将来若年層が壮年期となる時期に動脈硬化や心筋梗塞を発症する患者が大幅に増加することになるでしょう。

 

日本人の食生活の欧米化が近年になって急速に進んだことが、これらの原因だと考えられます。日本人はもともとは穀物や野菜や魚などが食の中心だったのですが、近年洋食が一般化して肉が食の中心になったことやジャンクフードが若者の間で人気となったことなどにより、コレステロールの摂取量が特に若い世代で大幅に増えているのです。また野菜不足で、食物繊維の摂取量が減っていることも原因となっています。

 

一方でアメリカの場合には、これまで過剰に脂肪の摂取をしていたことの反省からか、脂肪を控えめにして穀物をしっかりと摂取しようという動きが活発になりました。この10年ほどの間に炭水化物食品を中心に食べる人が増えていて、パンやご飯やイモやシリアル食品などの重要性が指摘されるようになったのです。

 

特にシリアル食品については、食物繊維を豊富に含む商品が数多く発売されたことにより、現在のアメリカ人家庭の朝食の半分以上を占めるようになったとされています。アメリカ人の間では、健康の管理についての関心が高まっていて食物繊維に関心を持つ人が増えているのです。