善玉と悪玉だけじゃない!超悪玉コレステロールと呼ばれる物もある!

コレステロールにはいわゆる「善玉」と「悪玉」の2種類があります。善玉コレステロールと呼ばれるのはHDLコレステロールで、悪玉コレステロールと呼ばれるのはLDLコレステロールです。

 

これら2種類のコレステロールの働きは全く異なるものとなります。一般的には特に「悪玉」コレステロールが身体に悪いという印象が強いのですが、実は悪玉コレステロールも我々の生命維持のためには欠かせない働きをしているのです。

 

なぜ善玉と悪玉と呼ばれるのでしょうか

いずれも大切な働きをしているのがHDLコレステロールとLDLコレステロールなのですが、なぜこれらのコレステロールはそれぞれ善玉と悪玉と呼ばれるのでしょうか。これはコレステロールが動脈硬化を引き起こす原因となっていることが理由なのです。

 

善玉コレステロールとは

血液中で余分となった体内で使われないコレステロールの回収をして、肝臓まで持ち帰る働きをしているのが善玉コレステロールです。血液の中で不要となっているコレステロールを掃除するような働きがあり動脈硬化を防ぐのに役立つために「善玉コレステロール」と呼ばれるのです。

 

悪玉コレステロールとは

一方で体の隅々まで肝臓からコレステロールを運ぶ働きをしているのが、悪玉コレステロールです。この時に、コレステロール値が高くなると血管をコレステロールが詰まらせて、動脈硬化を引き起こす場合もあるために「悪玉コレステロール」と呼ばれるのです。しかし、実際には生命維持のためには悪玉コレステロールも欠かせないものなのです。
悪玉コレステロールの働きで体の隅々までコレステロールが運ばれることによって私たちの健康は保たれています。むしろ、この働きがなければ体調不良を起こしてしまうことになります。悪玉コレステロールといっても、実際には血液中のコレステロール値が正常な範囲であれば「悪玉」ではないということになります。

 

超悪玉コレステロールとは

超悪玉コレステロールと呼ばれるコレステロールもあります。これはsmall denseLDLとも呼ばれていて、一般的に悪玉コレステロールと呼ばれているLDLよりも粒子が細かいために、動脈硬化を引き起こしやすいものとなっているのです。このような超悪玉コレステロールはどのようにして増えてしまうのでしょうか。また、超悪玉コレステロールの発生を予防することはできるのでしょうか。

 

なぜ超悪玉コレステロールは怖いのでしょうか

超悪玉コレステロールは粒子が小さいという理由によって、より心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしやすいものとなっています。超悪玉コレステロールは粒子が小さいために簡単に血管内壁に入ってしまいますから、それだけ血管の詰まりが発生しやすくなるのです。
また、いわゆる悪玉コレステロールは体の中を血液と一緒に巡ってまた肝臓に戻るのですが、超悪玉コレステロールの場合には何日間も血管の中に滞在して肝臓に取り込まれにくいために、結果的に大きなダメージを血管に与えることになるのです。

 

なぜ超悪玉コレステロールができてしまうのでしょうか

悪玉コレステロールが小型化したものが超悪玉コレステロールです。体内で中性脂肪が過剰となったことが原因で、居場所のなくなったコレステロールが小型化して悪玉コレステロールになるのです。ですから、超悪玉コレステロールについては中性脂肪が多い人、血圧の高い人、血糖値が高い人、HDLの値が少ない人などは特に注意が必要になるのです。

 

超悪玉コレステロールはどのようにして予防すればよいのでしょうか

肝臓でLDLコレステロールは作られますので、肝臓の機能が低下してしまうと超悪玉コレステロールができやすい状況になってしまいます。アルコールやタバコなどを控えて、肝機能の維持を図りましょう。
また、中性脂肪の過剰な摂取も超悪玉コレステロールを作ってしまう原因となりますから注意が必要です。脂質や糖質などの摂取量に気をつけて、中性脂肪を減らすことを心がけましょう。また、家族の中に心筋梗塞や狭心症などを発症したことのある人がいる場合にも注意が必要となります。

なぜ善玉と悪玉コレステロールと呼ばれているのか?記事一覧

運動不足の解消や食事の改善でHDLコレステロールを増やそう

善玉コレステロールと呼ばれているのが、HDLコレステロールです。これには、余分なコレステロールを血管中から取り除く働きがあります。血管の詰まりを起こす原因である、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を取り除きますから体に良い善玉コレステロールと呼ばれているのです。一般的にはこのHDLコレステロ...

≫続きを読む