心筋梗塞や脳梗塞の原因となる脂質異常症(高脂血症)とは?

健康診断の血液検査の結果などから、コレステロールや中性脂肪が高すぎることを医師から指摘された人もいると思います。基準値よりもコレステロールや中性脂肪の値が高くなると、脂質異常症(高脂血症)と診断されることになります。

 

実際にそのような診断を受けても自覚症状がなければピンと来ないかもしれないですが、だからといってこれを放置してしまうと、重大な病気を発症することになるかもしれません。脂質異常症は、動脈硬化や心筋梗塞や脳梗塞などの原因となるのです。

 

脂質異常症とは何でしょうか

血液中の脂質が増えすぎた状態や逆に不足した状態を、脂質異常症と呼んでいます。従来は高脂質症という呼び方をしていたのですが、脂質異常症と2007年から改められました。

 

脂質異常症の診断基準は

血液に含まれるコレステロールや中性脂肪などの値を測定して、総コレステロールやLDLコレステロール、HDLコレステロールや中性脂肪などの値によって脂質異常症を診断します。

 

脂質異常症の症状は

脂質異常症の場合には、特別な自覚症状がありません。血液内で脂質の量が多くなっていて、いわゆるドロドロ血液などと呼ばれる状態となっているのです。自覚症状がないからといって放置しておくと、動脈硬化を引き起こして血管の詰まりが発生することになります。
脂質異常症については自覚症状がないことから気づかないうちに進行してしまうことが多く、気がつく頃には命にかかわるような病気を発症してしまう場合などもあるのです。ついつい簡単に考えがちなのですが、いつの間にか命にかかわるような状態まで進行してしまうことが、脂質異常症の怖いところだと言えます。

 

脂質異常症の種類について

主に4つのタイプに脂質異常症を分類することができます。この4つのタイプのいずれに属するのかは、血液検査などで簡単に判明します。また、どれか1種類だけでなく複数のタイプを併せ持つ場合などもあるようです。【コレステロール値はどのようにして調べるの?】でも詳しい検査方法や基準値などを紹介しています。

 

  • 「高コレステロール血症」は基準値よりも血液中の総コレステロール値が高い状態です。
  • 「高LDLコレステロール血症」は基準値よりも血液中のLDLコレステロール値が高い状態です。
  • 「低HDLコレステロール血症」は基準値よりも血液中のHDLコレステロール値が低い状態です。
  • 「高トリグリセライド血症」は基準値よりも血液中の中性脂肪(トリグリセライド)の値が高い状態です。

 

脂質異常症の原因について

さまざまな原因が、脂質異常症を引き起こします。他の病気である糖尿病や甲状腺機能低下などが原因の場合もありますし、閉経を迎えた女性がエストロゲン分泌の減少により発症する場合などもあります。
ただし、一般的には生活習慣の乱れが原因となっていることが多いようです。特に食べすぎ・運動不足・糖分や動物性脂肪の過剰な摂取・肥満・喫煙・アルコールの過剰な摂取などの生活習慣は、脂質異常症の原因となりやすいですから気をつけてください。

 

脂質異常症の治療方法について

中性脂肪やLDLコレステロールを減らして、HDLコレステロールを増やすことが脂質異常症の治療のためには必要です。そのために通常は食事療法や運動療法が行われますし、場合によっては薬物療法なども必要となります。これ以外には、禁煙やアルコールの摂取量を減らすことなども行われます。

 

家族性(原発性)高いコレステロール血症は遺伝が原因です

500人に1人程度なのですが、普段の生活習慣などには関係なく遺伝的な原因によって、コレステロールが増えやすい体質の人もいます。血液中にコレステロールを蓄積しやすい遺伝子を両親のいずれか(あるいは両方)が持っていると、遺伝により発病することになります。
特に両親の両方がこの遺伝子を持っていて両方から遺伝によって受けついだ場合には、ホモ型家族性高コレステロール血症となります。この場合にはコレステロール値が子供の頃から高くなりますし、心筋梗塞を10代で起こしてしまう場合などもあります。また、黄色腫が関節やアキレス腱などに出やすいという特徴などもあります。

 

家族性(原発性)高コレステロール血症の治療方法は

食事療法と薬物療法が主な治療方法です。陰イオン交換樹脂や、スタチン系薬剤などを使用する治療が薬物療法として効果的だとされています。

生活習慣の乱れが脂質異常症(高脂血症)の原因になりやすい記事一覧

日本人の新野3割を占める動脈硬化を知ろう

現在日本人の死因については、およそ30%が動脈硬化との関連を持っているとされています。脳卒中や心筋梗塞や狭心症は、動脈硬化が原因で発症するのです。これらの病気は誰もが発症する可能性を持っていますし、発症した場合には命にかかわりますから早目の予防や対策のための正しい知識を身につけることが必要となります...

≫続きを読む

様々なタイプがある糖尿病の症状や合併症について知ろう

生活習慣病の一種が糖尿病です。糖尿病によって高血圧や脂質異常症などが悪化したり、心臓病や脳卒中などが発症する原因となったりします。最近では食生活の欧米化が進んでいますが、これに伴って糖尿病を発症する人の数も増えています。怖い病気だと思われがちな糖尿病ですが、他の病気を悪化させたり合併症を起こしたりし...

≫続きを読む