誰もが発症する可能性がある動脈硬化はどのようにして起こるのか?

現在日本人の死因については、およそ30%が動脈硬化との関連を持っているとされています。脳卒中や心筋梗塞や狭心症は、動脈硬化が原因で発症するのです。

 

これらの病気は誰もが発症する可能性を持っていますし、発症した場合には命にかかわりますから早目の予防や対策のための正しい知識を身につけることが必要となります。

 

動脈硬化とは何でしょうか

血管が硬くなり動脈が狭くなることによって、血流が悪くなった状態が動脈硬化です。体内のあらゆる血管で動脈硬化は起こるのですが、脳で動脈硬化が起こると脳梗塞や脳出血などの脳卒中の原因になりますし、また心臓で動脈硬化が起こると、狭心症や心筋梗塞の原因となります。これ以外に動脈硬化の進行によって、大動脈瘤や腎硬化症なども起こります。

 

動脈硬化の種類について

粥状硬化・細動脈硬化・中膜硬化の3種に動脈硬化は分類されます。この中でも特に危険で注意が必要なのは、粥状硬化です。最も発症の割合が多く、中性脂肪やコレステロールとも深く関係するのが粥状硬化です。

 

粥状硬化(アテローム動脈硬化)とは

特に太い血管である脳動脈や大動脈などで起こりやすい動脈硬化が、粥状硬化です。過剰なLDLコレステロールが血管の壁の中にもぐりこんで、粥状のプラークを血管の壁に作ってしまうことによって起こります。このプラークが大きくなることによって、血管の中が狭くなりますので、血液の流れが悪くなったり血管が詰まったりするのです。
またプラークが大きくなることにより、血管が破裂してしまう場合もあります。この時には血管の損傷を防ごうとして血小板が集まるのですが、これによって血栓ができて血管が詰まってしまうことなどもあるのです。

 

粥状硬化の原因は何でしょうか

一般的には血液中に中性脂肪やLDLコレステロールが増えることによって、粥状硬化が起こるとされています。また肥満や糖尿病や高血圧や喫煙などにより、脂質異常症となることも原因となっているようです。

 

細動脈硬化とは

年齢を重ねるごとに、細動脈硬化を発症しやすくなります。これは老化が原因で、血管が硬くなることによって起こるのです。動脈の硬化が起こると血液をスムースに送り出すことが出来なくなりますし、血圧が高くなると血管の破裂を起こしてしまいます。血圧を上げないためには、薬の服用などが必要です。

 

中膜硬化とは

石灰質が動脈の内側に溜まって硬くなるのが、中膜硬化です。原因としては高血圧や、炎症などがあげられます。また糖尿病や高血圧や喫煙などは、中膜硬化を悪化させてしまいますから注意してください。

 

動脈硬化の症状について

脳や心臓で動脈硬化は、起こりやすいです。また、動脈硬化が足に起こることもあります。初期症状が感じられないのが動脈硬化の特徴ですので、気付く頃にはかなり進行してしまっているという場合も多いようです。動脈硬化が進行すると、次のような症状が現れることになります。これらは、動脈硬化のサインですから見逃さずに動脈硬化を疑ってください。

 

  • 脳の動脈硬化が起こって進行した場合には手足のしびれ、立ちくらみ、頭痛、めまい、耳鳴りなどの症状が現れます。
  • 心臓の動脈硬化が起こって進行した場合には動悸、息切れ、心臓機能の低下などの症状が現れます。
  • 足の動脈硬化が起こって進行した場合には足の冷え、足の傷み、免疫力の低下により傷が治りにくいなどの症状が現れます。

 

動脈硬化の治療について

食事療法や運動療法などの治療を動脈硬化については、行うことになります。また、必要に応じて薬物療法を行うこともあります。薬物療法では血管が詰まるのを防ぐために、HDLコレステロールを増加させる薬やLDLコレステロールの酸化を予防する薬などを服用します。

 

動脈硬化は予防できるのでしょうか

日々の生活の中で、動脈硬化を予防することもできます。

 

  • 食べ過ぎやお酒の飲みすぎを控えて、バランスの良い食事をとることを普段から心がけましょう。

    特に、動物性脂肪の取りすぎに注意が必要です。

  • 体重の管理を積極的に行いましょう。肥満は動脈硬化を引き起こすことになります。

    軽い運動から始めてストレスを溜めないことも心がけましょう。

  • 動脈硬化のリスクを喫煙は高めることになります。タバコについては禁煙がおすすめです。
  • コレステロール値の検査を定期的に受けて確認をしましょう。

    検査結果で血圧やコレステロールなどの値に問題があれば医師に相談しましょう。

関連ページ

糖尿病