運動療法で善玉コレステロールを増やそう!

最近では運動不足だという人が多いようです。日々の生活が便利になったことで体を動かす機会が減ったために、運動の機会も不足しがちになっています。コレステロールと運動の間には深い関係がありますし、コレステロールをコントロールするためには運動は欠かせないものなのです。

 

普段忙しかったりすると運動が面倒になったり、運動のための時間が確保できなかったりするかもしれませんが、運動は食事療法の効果を高めるためにも必要ですから普段から体を少しずつ動かすことを心がけましょう。

 

コレステロールを減らすためには有酸素運動が効果的です

運動には善玉であるHDLコレステロールを増加させ、悪玉であるLDLコレステロールを減少させる働きがあるということが、近年では判明しています。有酸素運動と無酸素運動とが運動にはあるのですが、コレステロールの状態の改善には特に有酸素運動が効果的になります。

 

有酸素運動と無酸素運動について

有酸素運動の特徴は、筋肉への負荷が少なめでカロリー消費や体脂肪の燃焼に効果的なことです。一方の無酸素運動は筋肉への負荷をかけることで、筋肉を鍛えて基礎代謝の量も増やすという効果があります。ダイエットなどでは有酸素運動が効果的であるというイメージが強いのですが、無酸素運動を行うことで基礎代謝を向上させることもダイエットでは効果的なのです。筋力トレーニングやダンベルを使った運動などが、無酸素運動の代表例です。
ただし運動の目的がコレステロールを減らすことであれば、有酸素運動がより効果的になります。ジョギングやウォーキングやサイクリングやエアロビクスや水泳などが有酸素運動の代表例です。これらについては比較的取り組みやすい運動が多いですから、普段運動をする習慣がない人でも気軽に始めることができるでしょう。
有酸素運動では体に取り入れた酸素によって脂肪や糖質を燃焼させることになります。また脂肪の燃焼以外に心肺機能の強化や血液循環の改善やストレス解消や体力の増強なども期待することができるのです。

 

有酸素運動には善玉コレステロールを増やす効果があります

善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールを減らすという働きが有酸素運動にはあります。また有酸素運動では中性脂肪を燃焼させることもできますので、これもまた善玉コレステロールを増やすことにつながるのです。

 

善玉コレステロールを増やすために必要な運動時間は

1回の運動を30分以上行うのが、善玉コレステロールを増やすためには効果的です。また、1週間で合計して2時間程度の運動が必要だという報告もあるようです。ですから善玉コレステロールを増やすためには、1回30分以上の有酸素運動を1週間に合計2時間以上行うことが必要になります。

 

中性脂肪を燃焼させるためには時間が必要です

中性脂肪は運動を開始してもすぐには燃焼しないとされています。運動を開始してからおよそ20分を経過してから中性脂肪の燃焼が始まるとされていますから、脂肪の燃焼を目的として運動をする場合には、少なくても20分以上の運動を続けることが必要になります。

 

効果的なウォーキングを行うためには

ウォーキングは、誰でも最も手軽に始めることのできる運動でしょう。だからといって、「ただ歩くだけがウォーキングだから簡単だ」などと考えると損をします。ただなんとなく歩くだけでは、正しい効果を得ることはできないのです。ウォーキングの正しい知識を身につけて効果的な運動を行ってください。

 

準備体操も重要です

歩くだけだからと準備運動を甘く見てはいけません。トラブルが起こるのは、準備不足でウォーキングを行った場合に多いのです。またウォーキングの効果をより向上させるためには、事前の準備運動で体を温めることが役立つのです。準備運動を怠ると、翌日や翌々日に腰や膝が痛くなる場合もあります。くれぐれも事前にしっかりと準備運動を行うようにしてください。

 

正しい歩き方を心がけましょう

ウォーキングの効果を高めるためには、正しい歩き方を心がけることも大切です。背筋を伸ばしてあごを引いた姿勢で、肩の力を抜いて歩きましょう。かかとから着地することと、歩幅を広めにすることに注意をしてください。腕を大きく振って歩きましょう。