生活習慣を改善してコレステロールを減らしましょう!

主に運動療法と食事療法がコレステロールを減らすための治療法になるのですが、その他に生活習慣を改めることも重要になります。健康のために飲酒や喫煙やストレスなどは良くないとされていますが、コレステロールの管理の面からも有害となります。

 

コレステロール値が高い人の場合には、これらが他の生活習慣病を引き起こすきっかけとなることもあるのです。生活習慣の改善はなかなか難しいのですが、できることから少しづつ改善していきましょう。

 

コレステロールとアルコールの関係について

酒は百薬の長だと言われるのですが、量が多すぎれば健康に悪影響を与えることになります。アルコールは量を守って楽しめば、ストレスの解消にもなりますので体に良いかもしれませんが、飲みすぎの人の場合には体に負担をかけている可能性が高いですから量を控えましょう。コレステロールの値は、お酒の量を控えるだけで改善されることが多いのです。

 

アルコールの過剰摂取の悪影響について

アルコールの量が多すぎると、肝臓疾患を引き起こす可能性が高まります。また中性脂肪が肝臓で盛んに合成されますから、これによって悪玉コレステロールも増加することになります。高コレステロールの状態がアルコールが原因の場合には、中性脂肪も増加していますので、高コレステロールの状態の改善のためにはアルコールを控えることが効果的なのです。

 

コレステロールと喫煙の関係について

タバコは高コレステロールに限ったことではなく、健康に悪影響を与えるとされていますので、やはり禁煙が必要になります。コレステロールの値についてタバコは悪影響を及ぼしますし、また動脈硬化を起こすことにより心筋梗塞や脳卒中の原因ともなるのです。タバコは一日数本でも悪影響があります。少量だから大丈夫だということはありません。

 

タバコは善玉コレステロールを減少させます

タバコは体に様々な悪影響を与えるのですが、コレステロールの面からも有害となります。タバコは善玉コレステロールを減らして悪玉コレステロールを増やしますから、中性脂肪を増加させることにより動脈硬化を引き起こすのです。さらに心臓への負担も大きくなりますので心疾患である心筋梗塞なども発症しやすくなります。喫煙者の虚血性心疾患は非喫煙者の3倍以上の発生率になっているというデータもあります。

 

タバコは動脈硬化を引き起こします

喫煙者の場合には悪玉コレステロールの酸化が起こりやすくなりますので、動脈硬化の原因となる酸化LDLコレステロールが増加してしまいます。これによって非喫煙者と比較すると動脈硬化のリスクが非常に高くなるのです。

 

コレステロールとストレスの関係について

交感神経の活動がストレスを受けると活発化しますので、これにより遊離脂肪酸が増加してコレステロールの合成も活発化します。また遊離脂肪酸の増加は空腹中枢を刺激することになりますから、結果的に食欲も増加して暴飲暴食をしてしまうことにもなるのです。
コレステロール値に暴飲暴食は悪影響を与えることになります。ストレスはコレステロールの増加や中性脂肪の合成などに深く関与しているのです。ストレスにより血圧の上昇や心拍数の増加なども起こりますので、これによって大きな負担を心臓や血管にかけることになり動脈硬化へとつながるのです。

 

ストレスの解消を普段から心がけましょう

人それぞれにストレス解消法があると思いますが、ストレスを解消するために食べ過ぎたりお酒を飲みすぎたりするのは良くないでしょう。自分なりのストレス解消法を見つけて、ストレスを溜めすぎないようにしましょう。音楽鑑賞や運動などがおすすめです。普段からの食事の管理や運動などもコレステロール値を下げるためには大切なのですが、ストレスを管理することもまた重要なのです。