魚介類を食べる習慣をつけてコレステロールを減らそう

多価不飽和脂肪酸であるEPAやDHAなどを魚は多く含んでいます。これらには動脈効果予防の働きがありますし、また中性脂肪を減らすことにより悪玉コレステロールを減らすという働きもあるのです。魚の中でも特に青背の魚であるアジ・イワシ・サバ・サンマなどに、EPAやDHAは豊富に含まれています。

 

良質なタンパク質も魚には含まれますから、積極的に食事に取り入れることをおすすめします。ただし体に良いからといって食べすぎは良くありません。エネルギーの過剰摂取は肥満などの原因にもなります。大量に一度に食べるのではなく適量を定期的に食べるようにしてください。

 

また酸化しやすく成分の変化を起こしやすいという性質がEPAやDHAにはありますので、鮮度の良いものを新鮮なうちに食べることが有効成分を生かすためのポイントになります。成分を100%取り入れるためには刺身が良いでしょう。また加熱する場合の方法としては、煮物が焼き物や揚げ物よりも優れています。

 

特に効率的に成分を取り入れるためには、煮物の煮汁まで飲むようにするのが良いでしょう。煮物以外には鍋やムニエルなどもおすすめです。また魚の缶詰は鮮度の良いものを素早く調理していますので、EPAやDHAを豊富に含んでいます。

 

イカやタコなどについてもそれなりのコレステロールが含まれているのですが、これらを摂取してもLDLコレステロールの値はあまり上がらないようです。これは、イカやタコに多価不飽和脂肪酸がコレステロールと一緒に含まれていることが原因のようです。またタウリンというアミノ酸の一種が、イカ・タコ・エビ・カニ・貝類などには多く含まれています。

 

コレステロールの増加を抑制する効果が、このタウリンにはあるとされています。またシトステロールというコレステロールの吸収を抑制する成分も、これらの食品には含まれていますから、イカやタコなどについてはある程度のコレステロールを含んでいますが、逆にコレステロール値を抑える成分も含んでいますので、量が適当であれば摂取しても特に問題はないでしょう。