海藻類をたくさん食べてコレステロールを減らそう

これまでも健康食品として私たちの食卓に並んできたのが、ワカメやコンブです。これらの海藻類は日本の食卓には欠かせないオーソドックスな食品だったのですが、最近では食の欧米化が進んだためにこれらが食卓に登場する機会が減ったいう家庭が多いようです。

 

ワカメやコンブなどにはアレギン酸という成分が含まれていて、これらにはコレステロールを下げる働きや胆汁酸の吸収を抑制する働きや腸内のナトリウムを排出する働きなどがあるのです。またフコダインという海藻類全般に含まれる成分には、体の免疫力を高める効果もありますから、海藻類を積極的に食事に取り入れればより高い健康効果が期待できるのです。

 

海藻類を食事に取り入れるためには、和食がおすすめです。和食にはナトリウムが多くなりがちだという欠点もあるのですが、海藻類を豊富に使えば余分なナトリウムを吸収する効果もありますので、塩分の量をコントロールするためにも役立ちます。

 

ワカメやコンブなどの海藻類をたくさん摂取すれば、コレステロールの値を下げる以外に様々な健康相乗効果が得られます。海藻類は便秘にも効果がありますし、腹持ちが良いことからダイエット中の人や肥満やメタボリックシンドロームが気になるという人にもおすすめできます。海藻から作られる寒天食品なども良いでしょう。こうした食品を食生活に取り入れることがコレステロールの値を下げて健康的な生活を送るためには役立つのです。