コレステロールを減らす薬物療法もあるが食事や生活の見直しは必要

生活習慣の乱れがコレステロール値が高くなる原因のひとつです。コレステロール値が高い場合でも、薬物治療をすぐに始めるということはありません。まずは食事療法や運動療法を行うことで、コレステロール値を下げることを目指します。食事療法や運動療法を行っても効果が見られない場合や、生活習慣を改善することがどうしても難しいという場合に限って、薬物療法が行われることになるのです。

 

薬だけで高コレステロールを改善することはできません。改善のためには生活習慣を改めることが必要なのです。ですから薬物療法を行っている場合でも薬だけではなく、食事療法や運動療法も続けてください。薬物療法でコレステロール値を改善しようとする場合には、医師の指導に従ってください。

 

医師の判断で薬物療法を行います

通常は生活習慣の改善に取り組み始めてから、3ヶ月から半年ほど経過した時点で医師が薬物療法を行うかどうかを判断します。ただしコレステロール値が非常に高い場合や、動脈硬化の進行が見られる場合には即時薬物療法を行います。家族性高コレステロール血症の場合なども同様です。

 

どんな薬が処方されますか

コレステロール値に異常が認められる場合には悪玉コレステロールや中性脂肪を減らすための薬、また善玉コレステロールを増やすための薬などが処方されます。具体的にはスタチン系薬剤やフィブラート系薬剤などが処方されます。

 

コレステロールを減らすための薬

  • スタチン系薬剤は、LDLコレステロールが肝臓で合成されるのを抑制する薬です。
  • 陰イオン交換樹脂は、胆汁酸とコレステロールが腸で吸収されるのを抑制する薬です。
  • コレステロール吸収機構阻害剤は、小腸でコレステロールが吸収されるのを阻害する薬です。

 

中性脂肪を減らすための薬

  • フィブラート系薬剤は、中性脂肪が肝臓で作られるのを抑制する薬です。
  • ニコチン酸製剤は、中性脂肪の合成を抑えてHDLコレステロールを増やすための薬です。
  • EPAは、中性脂肪が肝臓で作られるのを抑制する薬です。

 

薬の副作用はありますか

これはコレステロールをコントロールするための薬に限ったことではありませんが、副作用についてはどのような薬にも存在します。コレステロール値を改善する薬では比較的副作用は少ないのですが、全くないということではありません。極稀にですが横紋筋融解症や肝障害などが起こりますので、注意を欠かさないようにしましょう。異常を感じた場合には医師にすぐに相談してください。

 

横紋筋融解症とはなんでしょうか

コレステロールをコントロールする薬の副作用として筋肉障害が発生することがありますが、極稀に横紋筋融解症を発症する場合もあります。これは体内にある横紋筋に異常が生じてしまう病気なのです。具体的には筋肉痛や筋力低下を起こしたり、赤褐色の尿が出たり、麻痺を起こしたりといった症状が現れます。早期の発見と治療が効果的ですので、筋肉障害などの副作用に気づいた場合にはすぐに医師に相談してください。

 

薬の服用はいつまで続ければ良いのでしょうか

薬を服用することでコレステロール値を改善することができるのですが、改善したコレステロール値は薬の服用をやめると元に戻ってしまうことになります。これはコレステロール値が薬の効果で一時的に改善されているだけであって、高いコレステロール値の原因が改善されていないからなのです。
コレステロール値をコントロールするための薬については、長期的に服用する場合が多くなっています。ただし生活習慣の改善などによっては、中断や中止が可能となることもあります。