血液をサラサラにて動脈硬化も防いでくれるのがビタミンCとE

健康を保つためにはビタミンは欠かせません。ビタミンの不足は様々な病気の原因となりますし、特にビタミンCとEには動脈硬化を防いで血液をサラサラにする働きがあります。LDLコレステロールの酸化は動脈硬化を引き起こす大きな原因なのですが、これを防ぐ効果を持っているのがビタミンCとEです。

 

野菜や果物などに豊富に含まれるのがビタミンCです。風邪やストレスなどに対する抵抗力を高める働きのある水溶性の抗酸化物質ですが、喫煙やストレスなどで消費されることになります。ですから喫煙者はビタミンCをより多く取り入れる必要があるのです。また、コレステロールを減らす効果もビタミンCにはあるとされています。

 

胆汁酸の合成を活発にする働きがビタミンCにはありますから、コレステロールを効率よく利用するためにはビタミンCが多いことが有利なのです。ビタミンCを含んだ食品の調理には注意が必要です。水や熱などにビタミンCは弱いですから、ゆでたり洗ったりすると、有効成分が破壊されたり流失したりして減ってしまうのです。できれば生で食べるのがおすすめですし、調理する場合には短時間で手早く行ってください。

 

抗酸化力が強く特にLDLコレステロールの酸化防止に役立つのが、ビタミンEです。ビタミンEは血行を促進して血管を丈夫にしたり、発ガンを抑えるためにホルモン分泌の調整をする働きなどもあるとされています。油に溶ける脂溶性なのがビタミンEの特徴ですから肉・魚・豆類・穀類・野菜類・植物油などに豊富に含まれています。

 

普段からバランスの良い食事を心がけていればビタミンEが不足することはありません。またビタミンEにはビタミンCの酸化を防ぐ効果があり、逆にビタミンCにはビタミンEの働きを助ける効果があります。これらを同時に摂取すれば抗酸化作用はより高くなるのです。ビタミンCとビタミンEをたっぷりととることで動脈硬化を予防しましょう。